Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Skip to end of metadata
Go to start of metadata
お知らせがあります。このページの一番下をご確認ください。
 
Wiki へのログイン画面について

Wiki でのログインは Altium の社員用になります。   

Summer 09(または、Summer 09 以前の製品)でのサインインについて

Summer 09(または、Summer 09 以前の製品)でサインインするためのサポートセンターのアカウントは現在、使用できません。Summer 09 でサインインするには以下の手順を行ってください。Summer 09 以前の製品は、ソフトウェアからライセンスを取得できませんので、Altium Dashboard からのライセンス認証 を行ってください。尚、Summer 09 以前の製品ではサインインする必要はありませんが、もしサインインする場合は、以下の 3. から 5. の手順を行ってください。

1.Altium Live アカウントを取得するため、代理店(http://www.altium.com/en/how-to-buy/global-sales-network ページのドロップダウンから Japan を選択してください)へお問い合わせください。
2.Altium Live アカウントを取得したら、Summer 09 を起動します。
3.”DXP” メニューから ”プリファレンス” を選択します。
4.”System-Account Management” ページの ”Altium Account Management Servers” 内の portal1・・・ を portal2・・・ に変更し、”OK” をクリックします。
5.”アカウント” 画面の ”Sign in” をクリックし、Altium Live アカウントを入力して ”Sign in” をクリックします。

Altium Designer は、一つの統一されたアプリケーション環境で、構想から最終的なボード製造、実装までエレクトロニクスデザインを行えます。

物理的基板設計、FPGA の設計およびソフトプロセッサコアで実行されているエンベデッドコードを設計できます。設計の重要部分をシミュレートして性能を最適化できます。設計のための最適なコンポーネントを選ぶために、ベンダのデータベースにアクセスし、これらのコンポーネントを設計のライフサイクルを通して管理することができます。これらのコンポーネントを本来の 3D 編集環境の中で維持するために、基板を設計および配置・配線できます。基板を筐体に合わせ、ECAD-MCAD 設計のギャップを無くします。安全に正しい設計データを製造や実装へリリースできます。デザインの連続したレビジョンや再リリースを管理します。

Altium Designer は設計チーム全体に次世代のエレクトロニクスデザインへの完全なソリューションを提供します。

ここ Altium Wiki では、Altium の製品を紹介するほか、インストールから詳細まで必要な情報がそろっています。

 

始めに

 Altium Designer のインスト-ル
Altium Designer のインストール、ライセンス認証方法が記載されています。

 Altium Designer
Altium Designer の詳細技術情報がまとめられています。

    AltiumLive
Content のダウンロード、BugCrunch、ブログ、フォーラム等が利用できる AltiumLive の詳細情報がまとめられています。

 

 

使いこなそう

Altium Designer 製品トレーニング
実際に Altium Designer をご使用いただきながら基本操作を習得していただく、Hands On Training のコース概要などを掲載中です。

FPGA ダッシュボード

よくあるご質問(FAQ)
SUPPORTcenter へのリンクをご紹介しています。

 

 

その他の製品・ツール

 Altium のハードウェア
NanoBoard NB2 や NanoBoard 3000 シリーズなどの詳細情報を掲載しています。

Altium Designer のビューア
Altium Designer Viewer についての情報を掲載しています。
Altium Designer Summer 09 Viewer 日本語表示問題についてもリンク先をご参照ください。

AD SDK(ベータ版)
工事中です。

 

 

レガシードキュメンテーション

旧製品資料
Protel v3、Protel 98、Protel 99 SE、Protel DXP、
Altium Designer 2004、Altium Designer
Summer 08 など旧バージョンのチュートリアルや
マニュアルなど日本語資料をバージョン毎に掲載
しています。

 

 

導入事例

山下システムズ(株) 様
産業用マイクロ・コンピュータボードの企画、開発、製造、販売を
行う 山下システムズ(株) 様が Altium Designer を使用して設計
した導入事例を掲載しています。

 

 

設計事例

Altium Designer で設計した PCB の例。


お知らせ

AltiumLive対応ブラウザ

AltiumLive では最新のウェブ技術を利用しているため、モダンなブラウザを使用する必要があります。モダンなブラウザとは、IE、Firefox、Chrome などの最新版のことです。尚、IE6 はモダンなブラウザではありませんので AltiumLive を表示することができません。

Altium Dashboard のご利用について

Altium Dashboard は、所有されているライセンス情報の確認やライセンス認証等を行うことができるシステムです。
Altium Dashboard の詳細については、AltiumLive - Dashboard をご参照ください。
尚、Altium Dashboard へアクセスするには Group Administrators へ登録して頂く必要がありますが、会社内で既に Group Administrators へ登録されている方がいれば、お客様側で他の方も Group Administrators へ登録できます。 

1.Group Administrators へ既に登録されている方(会社内でどなたも登録されていない場合は、代理店 へご連絡ください)が Altium Live へサインインします。
2.上部にある Dashboard をクリックします。
3.上部にある Users をクリックします。
4.Group Administrators に登録したい方の名前をクリックします(Group Administrators へ登録したい方が存在しない場合は、代理店 へご連絡ください)。
5.Groups 内の Group Administrators にチェックを入れて Update をクリックします。

レガシー製品のアクティベーションについて

現在、旧製品(Winter 09、Summer 08、Altium Designer 6、Altium Designer 2004)の web 経由、メールによるライセンス認証(アクティベーション)を行えません。そのため、Altium Dashboard からのライセンス認証 をお願いします。
尚、Altium Dashboard へアクセスするには Altium Live とGroup Administrators に登録して頂く必要があります。詳細については、代理店 へお問い合わせください。 

日本語文字をサポートしていない点

Altium Designer で設計される場合、ファイル名、ネット名、部品名、パラメータ名、デザインルールの名称・コメント、ファイルを保存するフォルダ名等に日本語は入力しないでください。

 

 

Labels
  • None