Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...


PCBの製造サイドがエンベデッドアパーチャをサポートしていない場合でも、Embedded apertures (RS274X) オプションを使って出力することを強くお勧めします。 現在、一般的なほとんどのフォトプロッタは、ラスタプロッタです。どんなサイズのアパーチャにも対応しています。 通常、それらのプロッタはエンベデッドアパーチャ付のガーバーファイルを読み込むことができます。

製造サイドがエンベデッドアパーチャを使用しない場合は、別のアパーチャファイル(*.apt)をガーバーファイルに含める必要があります。

PCBファイルで、パッドやビアの穴を定義した場合のファイルには、特別なアパーチャを提供する必要があります。 これはPCBエディタが、ドリルドローイングのシンボルや文字を作画するために特別なアパーチャの提供を必要とするからです。 ドリルドローイングプロットを生成しない場合でも、アパーチャが必要になります。 ファイルに穴が無い場合(例えば、ビアがなく、全パッドの穴径が0)は、アパーチャは必要ではありません。

既存のアパーチャファイルを使用する場合は、PCBエディタは、PCBドキュメントで使用されているプリミティブ(トラック、パッドなど)をスキャンし、読み込んだ .aptファイルのアパーチャの内容と照合します。 プリミティブに正確にマッチするアパーチャが存在しない場合は、PCBエディタは、より細いアパーチャで、そのプリミティブを自動的に「塗りつぶし」ます。 「塗りつぶし」に適したアパーチャが存在しない場合は、プリミティブに正確にマッチするアパーチャが存在しない場合は、PCBエディタは、より細いアパーチャで、そのプリミティブを自動的に「塗り潰し」ます。 「塗り潰し」に適したアパーチャが存在しない場合は、.MAT(マッチ)ファイルが欠落アパーチャのリストを作成し、ガーバーファイルの生成は中断されます。

アパーチャの自動生成機能を使用すると、ドリルドローイングのシンボルとその他の文字に必要なアパーチャが、文字の高さに比例する幅で、自動的に提供されます。 例えば、デフォルト50mil のドリルドローイングのシンボルサイズは、7milのアパーチャでシンボルが作画されます。 高さが60milの文字は、8milの描画幅になります。 シルクスクリーン(または、オーバーレイ)レイヤに使用する文字のサイズを設定する場合には注意が必要です。つまり、細い線幅にすると基板にうまく印刷できない可能性があります。

ガーバーファイルの拡張子の命名規則は、一般的な業界の慣習に従っています。

基板の製造サイドには、PCBファイルを直接受け入れられるか確認してください。 多くの製造業者が、バイナリのPCBファイルから、直接PCBを作成することが可能になっています。

フォトプロット用のデータを生成する前に、フォトプロット出力センターに連絡を取ってください。 ガーバーフォトツールを生成するときに、利用可能なプロットオプションを編集レベルで一致させておくと、かなりの時間と費用を節約することができます。

生成するファイルの出力パスは、Options for ProjectダイアログのOptions タブで設定します。 デフォルトでは、出力パスは、プロジェクトファイルが存在しているフォルダ下のサブフォルダに設定されます。名称は、Project Outputs for ProjectName です。 出力パスは必要に応じて変更することができます。 別々の出力タイプに、別々のフォルダを使用するオプションは、Options タブでを有効になります。ガーバーファイルは、さらにその下の、Gerber Output というサブフォルダに書き込まれます。

生成された出力はプロジェクトに追加され、Projectsパネルに表示されます。場所は、Generatedフォルダ内の適切なサブフォルダです。 出力タイプでフォルダを分けた場合は、それぞれに対応したGenerated フォルダが、Projects パネルに追加されます(例えば: Generated (Gerber Output))。