Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

Altium Designer 14.3 で、インタラクティブ配線機能を改善しました。これらの改善点は以下です:

  • シングルクリックで配線をドラッグし再形成 - シングルクリックしたままドラッグして、接続されているセグメントの接続を維持しながら既存の配線をドラッグ移動できます。
  • 改善されたビアドラッグ - 接続されているトラックは、より適切に配置されるよう移動できます(以下の動画で示した)。
  • 自動の Neck-Down - 配線幅のルールでルームをターゲットにすることで、ルームから配線する時、ルームの境界を考慮して配線されます。
  • SMD Entry デザインルール - この新しいルールは、どのように SMD パッドへトラックを接続するか、または SMD パッドからトラックを引き出すかコントロールできます(以下の動画で示した)。
  • SMD to Corner デザインルール - このルールは、インタラクテイブ配線中、適用されます。SMD Entry デザインルールと合わせて働きます(以下の動画で示した)。
  • Via Under SMD デザインルール - このルールは、インタラクテイブ配線中、適用されます。Via Under SMD デザインルールで指定したパッドに、ビアを配置できます。 
  • Routing Layers デザインルール - このルールは、インタラクテイブ配線中、適用されます。Routing Layers デザインルールで指定した信号層へ切り換えできます。

シングルクリックで配線をドラッグし再形成

Altium Designer では、既存の配線を容易に修正できるトラックの操作機能を導入しました。これは、シングルクリックで配線をドラッグし、接続されているセグメントは接続を維持したまま移動できます。

直接、ドラッグする、または先にセレクトする必要がある Dragging オプションを設定。

これは、Preferences ダイアログの PCB Editor — Interactive Routing ページに新しいオプションとして追加されています。Dragging の項目に 2 つの新しいドロップダウンがあります。これらは、Selected track/viaUnselected via/track に関するデフォルトのドラッグ動作(Move、または Drag)を設定するために使用します。新しいデフォルトは、セレクトしない時を Drag、セレクトした時を Move にする設定です。以前のバージョンの Altium Designer と同じ動作にするには、セレクトしない時を Move、セレクトした時を Drag に設定します。

新しいデフォルトのドラッグ動作により、配線を素早く容易に修正できます。この動作を見るには、画像をクリックしてください。

改善されたビアドラッグ

以前のバージョンのAltium Designerでは、ビアをドラッグする時、接続を維持するためにトラックセグメントを追加しました。Altium Designer 14.3 では、ビアをドラッグする時、下図のように新しいビアの位置に合うようにトラックが再配線されます。このビデオでは、インタラクティブ配線モードは、押し退けモードに設定されています。では、ビアをドラッグする時、下図のように新しいビアの位置に合うようにトラックが再配線されます。この動画では、インタラクティブ配線モードは、押し退けモードに設定されています。

ビアドラッグは、より適切な結果になるよう改善されました。

SMD Entry デザインルール

新しい SMD Entry デザインルールは、パッドへ配線したり、パッドから配線を引き出す位置を指定できます。また、この新しいルールは、SMD to Corner ルールと合わせて働き、パッドの正しい位置から配線を引き出し、最初のコーナーをパッドから適切な距離にすることができます。

この新しいデザインルールの詳細については、SMD Entry ルールの説明を参照してください。

SMD to Corner デザインルール

Altium Designer 14.3 では、SMD to Corner デザインルールは配線後のテストのためだけではなく、インタラクテイブ配線中も反映されます。これにより、配線プロセスが容易になり、最初の配線コーナーを SMD パッドの端から適切な距離にすることができます。

SMD entry と SMD to Corner デザインルールにより、SMD パッドに対してより適切に配線できます。

...