Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

ドリルテーブルでは、穴許容差を表示するオプションがあります。ドリルテーブルで、許容差の欄を 1 つ、または 2 つ使用するか選択できます。Drill Table ダイアログで Add Column をクリックします。1 つの欄で全ての許容差を表示するには、Hole Tolerance を選択します。この欄には、最小、最大値が一緒に表示されます。あるいは、最小、最大値を個別の欄で表示できます。この場合、Hole Tolerance (+) と  Hole Tolerance (-) を選択します。もちろん、最小、または最大値の許容差のみ表示もできます。


穴許容差の欄を含むドリルテーブルの例。

After adding columns to drill table, you must click Okay to exit the Drill Table dialog, or your changes won't be saved.

When adding hole tolerance information to pads and vias, unless all pads or vias grouped under the Count column have the same hole tolerance attributes, hole tolerance values will be displayed as an * (asterisk).

You can also choose to group objects by their hole tolerance. From the Drill Symbols dialog (click Configure Drill Symbols in the Drill Table dialog), click Grouping and select Hole Tolerance.ドリルテーブルへ欄を追加した後、OK をクリックして Drill Table ダイアログを閉じます。

穴許容差の情報をパッドやビアへ追加した時、Count 欄で分類されたパッド、またはビアが、同じ穴許容差でない限り、穴許容差の値は、* (アスタリスク) で表示されます。

また、穴許容差でオブジェクトを分類できます。Drill Symbols ダイアログ (Drill Table ダイアログで Configure Drill Symbols をクリック) で、Grouping をクリックし、Hole Tolerance を選択します。