Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Versions Compared

Key

  • This line was added.
  • This line was removed.
  • Formatting was changed.

...

 

Tip

選択したオブジェクトをドラッグする時、位置を予測できるようにするには、Current View Plane が、3 つのワークスペース平面の一つに整列されるように、最初に、ワークスペース Gizmo を使用して、ビューを再方向決めします。

オブジェクト Gizmo を使用して、基板を回転、または再位置決め。

平面、または軸へ強制的に移動

  • ワークスペース平面へオブジェクトを強制的に移動する(前のビデオに示されている)には、以下を行いますワークスペース平面へオブジェクトを強制的に移動する(前の動画に示されている)には、以下を行います:
  1. ワークスペース Gizmo を使用して、ワークスペースを方向決めします(Workspace Gizmo の項目で記述した通り)。これにより、Current View Plane が方向決めされ、選択したワークスペース平面と同じになります。
  2. オブジェクトを選択してから、ワークスペースのどこかをクリックし、選択したオブジェクトをドラッグします。選択した基板を移動する時、現在のビューで定義した平面へ強制的に移動されることを思い出してください。   
  • オブジェクト軸へオブジェクトを強制的に移動する(前のビデオに示されている)には、以下を行いますオブジェクト軸へオブジェクトを強制的に移動する(前の動画に示されている)には、以下を行います:
  1. 移動するオブジェクトを選択します。そのオブジェクト Gizmo が表示されます。複数のオブジェクトを移動する場合、Shift+Click を使用して追加のオブジェクトを選択します。
  2. 適切なオブジェクト Gizmo の矢印をクリックしドラッグして、その軸に沿ってセレクションをスライドします。

ワークスペース軸へオブジェクトを整列

  • ワークスペース軸とオブジェクトを整列する(前のビデオに示されている)には、以下を行いますワークスペース軸とオブジェクトを整列する(前の動画に示されている)には、以下を行います:
  1. オブジェクトを選択し、オブジェクト Gizmo を表示します。
  2. 適切なカラーのアークを使用して、オブジェクトを必要な方向に回転します。ワークスペース平面を交差する時、オブジェクトが引き込まれます。この動作は、オブジェクトを整列するガイドとして使用できます。

...