Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

電子ツールの最大の長所は、容易にファイルを作成し修正できることです。これは、コード化、ユーザドキュメンテーション、イメージ、プレゼンテーションなどで、アイデアをすぐに作画、調査、完成させることができることを意味します。同時にそれは、大切なファイルを変更した履歴を覚えておくのが非常に難しいことを意味します。ファイルを変更した履歴を追跡できるように(電子形式のソースを組織的に管理)するために、バージョンコントロール・システム が生まれました。バージョンコントロール・システムは、ファイルの様々なバージョンの履歴を保存でき、ASCII ファイルと同様にそのファイルも更新して開き、ファイルの 2 つのバージョン間の変更を比較するソフトウェアツールです。

バージョンコントロール・システムは、ファイルを作成するために使用する編集環境を独立して操作できます。リポジトリと呼ばれる主要な保存領域のファイルをチェックできるインターフェース、リポジトリから作業フォルダへファイルをコピーするチェックアウト機能、どんな変更にも戻ってチェックする更新機能、変更情報をログする方法があります。一般的にバージョンコントロール・システムでは、ファイルが(互いに変更を確認できる)複数の人によってチェックアウト、修正された状況を処理します(他の誰かの作業が最新のレビジョンから失われる可能性があります)。このような状況に必要なのは、ファイルのバージョンを比較して相違を検出するツールと、1 つのバージョンのファイルへ戻って相違を合成できるツールです。

バージョンコントロール・システムで使用される terminology を理解することが重要です。たとえ、多数のシステムがあっても、一般的な機能性を記述するには同様の用語を使用します。

バージョンコントロールの基本

バージョンコントロール・システムを作業する基本的な方法は、まず、Repositoryから作業フォルダに、作業したいプロジェクトファイルを "更新"、または "チェックアウト" することです。これらは修正し保存できます。また、それが適切である場合、更新ファイルを VCS の Repositoryに "committed"、または "checked in" することができます。チェックアウトとチェックインは、バージョンコントロール・システム インターフェースを通して実行されます。そして、それを Altium Designer は、Storage Manager パネルや Projects パネルに導入しました。

Altium Designer がどのように Version Control System (VCS) へ接続されるかの概略

バージョンコントロール・システムがどのように動作するかの鍵は、Central Repository のチェックアウトされたファイルの状態を監視することにかかっています。これは、ファイルが作業フォルダにチェックアウトされていること(どんな修正がチェックアウトされたか、また、チェックアウトされてから修正された場合)を VCS が認識することを意味します。各 VCS は、自身でファイルを監視します。 これについての詳細情報が必要な場合、VCS ドキュメントを参照してください。

図では、My.PrjPcb のプロジェクト中の3つのファイルを示しています。 各ファイルのさまざまな修正は、作業フォルダで一番後にチェックアウトされたファイルのコピーと共に Repository に示されています。作業フォルダのプロジェクトを Altium Designer で開いた時、Altium Designer はプロジェクトファイルが Storage Manager と Projects パネルに表示されている各ファイルの現在のバージョンコントロールの状態で、バージョンコントロール下であると認識します。

Storage Manager パネルでの右クリックメニューでは、変更したファイルにチェックインするように標準の VCS 動作を実行できます。右クリックして、VCS が作業フォルダからファイルのコピーを取得する Commit を選択する場合、改訂番号をインクリメントし(VCS 内に保存された)、ファイルに行った変更を記述することができるログメッセージと共に Repository にファイルのコピーを保存します。ほとんどの VCS システムは、実際に commit ごとにすべてのファイルを保存しませんが、その代わり、以前のバージョンとの相違を保存します。

バージョンコントロール下のファイルのアクセス

本質的に、同じセットのファイルにアクセスする複数のチームメンバーを与えるための 2 つの異なるアプローチがあります。以下のどちらかが可能です:

  • 複数のチェックアウトを許可します (Unreserved check-out model と呼ばれます)。
  • 一度に一人にアクセスできるファイルを制限します(Lock-modify-unlock、または exclusive check-out model と呼ばれます)。

複数のチェックアウトの許可は、作業する前に他の誰かが戻ってファイルを確認するのを待たないで、異なるチームメンバーが独立して作業を続行できることが理想です。しかし、2人が同じファイルを修正するという避けられない状況を解決するためのツールや技術を持っていることが必要です。ASCII ファイルの変更を合成する優れた Merge ツールがありますが、一般的にはバイナリファイルの変更を合成することはあまりサポートされていません。Altium Designer では、回路図と PCB の比較(または '相違')機能が導入されました。 それは、'相違' がボード設計の過程へ変更情報を提供すると言う設計変更管理の信頼性を導きます。Altium Designer では、回路図の2つの改訂間、または PCB の2つの改訂間の相違を見つけることができますが、現在、Merging をサポートしていません。 従って、相違を解決するには手動で行う必要があります。

参照

引用

SVN 共通のウェブサイト http://subversion.tigris.org/
SVN オンラインマニュアル http://svnbook.red-bean.com/
CVS 共通のウェブサイト https://www.cvshome.org/
CVS インストール情報 http://www.cvsnt.org/wiki/InstallationTips
CVS マニュアル(著者 Cederqvist) https://www.cvshome.org/docs/manual/
CVS の使用と管理 http://cvsbook.red-bean.com/cvsbook.html
別の CVS ダウンロードサイト http://www.cvsnt.com
Source Control の手引き Eric Sink より http://www.ericsink.com/scm/source_control.html

Labels
  • None