Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Parent article: インストールと Content 管理

どんなソフトウェア アプリケーションのインストールも容易である必要があります。何故なら、インストール進捗バーが進行している間、待ちたくないかもしれません! また、ソフトウェアをインストールした時、必要であれば更新したいかもしれません。何故なら、ゼロから再度、インストールしたくないと思います。

Atium は素早く効果的に Installation System を提供します。システムは初期インストールプロセスを迅速に行うだけでなく、インストールした機能に関して初期の '特色' を選択できます。 

このアーティクルでは、Altium Platform Installer を使用してPC上の Altium Designer の最初のインストールをどのように行うか説明します。チュートリアルのようですがそこまで細かくありません。そのため、会話のようなインストールプロセスとしてこのアーティクルをご覧ください。  

インストール前の準備

Altium Platform Installer を使用するには、最初に小さい(10MB 以下)実行ファイル{{AltiumInstaller.exe}} をダウンロードし実行する必要があります。この実行ファイルは、AltiumLive からダウンロードしハードディスクに保存します。 

インストーラの実行

AltiumInstaller.exe ファイルをダブルクリックします。Altium Platform Installer welcome ページが表示されます。

Altium Platform Installer の最初の welcome ページ。

インストーラー自体はウィザードベースで、各ページでソフトウェアや初期機能を効率的にインストールするための情報を集めます。 

Next をクリックします。以下の項目は、この先の様々なページの概要を説明します。

ライセンス規約

インストーラのこのページでは、Altium End-User License Agreement (EULA) が表示されます。

Altium の End-User License Agreement を読んで承諾してください。

ソフトウェアのインストールを続ける前に、この規約を読んで承諾する必要があります。この規約は、英語(デフォルト)、中国語、日本語を含む別の言語で表示できます。

Advanced ボタンをクリックすると、Advanced Settings ポップアップ画面が表示されます。ここから、プロキシ設定(適用できる場合)を指定できます。また、ローカルキャッシュの場所も決めることができます。指定したインストールリポジトリ(インストーラの以降のページで指定した)から全てのダウンロードしたファイルを含むフォルダが保存されます。設定内容の確定や License Agreement ページに戻るには OK をクリックします。

初期インストール後、ローカルキャッシュは、更新のアプリケーション、または新しいプラグインモジュールかどうかインストールの変更に使用したダウンロードファイルを保存し続けます。これらのファイルによって行われたディスク領域の合計は、かなりの量になります。キャッシュは Altium Designer 内から削除できますが、初めにこのキャッシュをディスク領域がある場所で作成する様、指定したいかもしれません。

インストールの advanced オプションで、プロキシ設定の指定と、必要に応じてデフォルトのローカル保存キャッシュ
フォルダを変更。

EULA を読んで、必要に応じて advanced オプションを設定したら、I accept the agreement ボックスにチェックを入れて Next ボタンをクリックしてインストールを続けます。

アカウント ログイン

EULA を承諾後、Account Log In ポップアップ画面が表示されます。これは、Altium Account Credential を使用して正当なライセンスを使用するために Altium Account にログインすることを意味します。これを行う理由は、適用できるアカウントやライセンス認証を通してソフトウェアを個人に合わせてインストールするためです。

Altium Account Credential を使用してアカウントへログイン。

Altium ダウンロード マネージャ

アカウントへログインすると、Altium Download Manager に含まれるその他のアイテムがダウンロードされていることを示すポップアップ画面が表示されます。これは、インストーラの実行ファイルと同じ場所にダウンロードされます。 

Altium Download Manager は、アカウントログインで利用できるソフトウェアのバージョンをダウンロードするために使用する前に初めに
ダウンロードされます。

これは、ダウンロードファイルに使用するインストーラとして同じクラウドベースのリポジトリにある別のアプリケーションです。この場合のインストーラは、それらのファイルを必要とする独立したアプリケーションです。Download Manager は Windows System Tray で実行し、何がダウンロードされているか詳細を表示します。 

インストーラの以降のページの準備のため、インストールできるソフトウェアのバージョンをダウンロードしています。

通常、Download Managerでは応答する必要はありません。 

その他の実行ファイル 7za.exeAltium Download Manager とインストーラしてダウンロードされます。これは、ダウンロード zip ファイルを解凍するために使用する 7-Zip ユーティリティです。本来、インストールの準備のために一緒になっていません。

プラットフォームリポジトリとバージョン

インストーラの次のページは、どこからインストールするかのリポジトリの場所とインストールする Altium Designer のバージョンを指定できます。

ソフトウェアのどのバージョンをどこからインストールするか指定するには、インストーラのこのページを使用。

Platform Repository の項目は、デフォルトで Altium インストールリポジトリ (http://installation.altium.com) に設定されています。これは、Amazon S3 サーバに保存された web ベースのリポジトリです。 

Altium の web ベースのインストールリポジトリに設定されたリポジトリの場所。

もし、ローカルのインストールリポジトリを作成した場合(例えば、インターネットに接続できないコンピュータへソフトウェアをインストールするため)、ローカルのインストールリポジトリを指定するためにこの Platform Repository を変更する必要があります。

インストールする Altium Designer のバージョンは、Platform Revision の項目を使用して必要なプラットフォームのレビジョンを選択するのと同様に、Version To Install の項目で選択する必要があります。Altium Designer 10 のバージョンは単に 10 です。プラットフォームの最新のレビジョンは、常にデフォルトで選択されます。  

インストールするソフトウェアのバージョンとプラットフォームレビジョンを指定。

一度、必要なバージョンとそのソースの場所を選択したら、次に進むために Next をクリックします。

デザイン機能の選択

インストーラの次のページでは、最初にインストールする機能(PCB Design、または Soft Designのみ、またはその両方かどうか)を指定できます。これは、最初のインストールする時間についても効果があります!

インストールしたい機能を最初に選択できます!

デフォルトで、PCB と Soft Design の両方のインストールが有効になっています。必要な機能(右側にあるチェックボックス)をクリックします。初期インストール時にどの機能を選択するかは問題ありません。インストール後にどの段階でも機能を追加、削除できます。

機能を選択、除外する時、そのページの下部にAltium Download Manager を介するリポジトリから参照されたダウンロードサイズが表示されます。これを参考にして必要なディスク領域を空け、インストールします。 

機能を定義した後、次に進むために Next をクリックします。

保存先フォルダ

インストーラの次のページは、ソフトウェア用の Program Files と、ソフトウェアがアクセスし使用する Shared Documents に関して、インストールの保存先フォルダを指定できます。

ソフトウェアと、それに関連したドキュメントをインストールする場所を指定。

これらの場所は、同じプラットフォームバージョンの複数のレビジョンをインストールする時、特に重要になります。もし、これらの保存場所の1つ、または両方が空のフォルダでない場合、別の(空の)保存先を指定するまでインストールの続行を防ぎます。 

デフォルトの保存先は以下です:


Program Files

C:\Program Files (x86)\Altium\AD 10 ----Windows 7 の場合

C:\Program Files\Altium\AD 10 ----Windows XP の場合


Shared Documents

C:\Users\Public\Documents\Altium\AD 10 ----Windows 7 の場合

C:\Documents and Settings\All Users\Documents\Altium\AD 10 ----Windows XP の場合

別の場所を指定するには、直接、その欄へ入力するか、またはその欄の右にあるフォルダアイコンをクリックし保存先フォルダを指定します。 

インストール場所を指定したら Next をクリックします。

インストールの準備

インストーラには、インストールを行うために必要な情報があります。もし、何かを変更する必要がある場合、Back ボタンをクリックします。インストールをキャンセルしたい場合、Close をクリックします。

インストールの開始準備!

このページまででインストールをキャンセルしたい場合、どのページでも Cancel をクリックすることでインストールを解除したいかどうかのポップアップ画面(Yes または No のオプション)が表示されます。インストーラのこの "Ready to Install" ページまで行った時、Close をクリックすることで異なるポップアップ画面が表示されます。インストーラが必要な情報が定義されている時、インストールを終了、または停止できます。後者の場合、指定した設定は保存されます。後でインストールを再開する時、同じ設定でインストーラをアクセスできます。

全ての情報を定義することで、インストールを停止できます。

インストールを進めるには Next をクリックします。

Altium Designer をインストール

ページは "Ready to Install" から "Installing Altium Designer" に変更し、インストールリポジトリからダウンロードされているファイルのインストールを続行します。このダウンロードの進行状態は、インストーラ自体に表示されます。ダウンロードされている zip の詳細については、Altium Download Manager (Windows System Tray、またはページ下部の文字をクリック)で確認できます: Downloading installation data. Click here for details.

必要なインストールファイルをダウンロードしてインストールを実行。

ファイルのダウンロードが完了すると、インストールのために zip ファイルが解凍されます。それから、ソフトウェア自体がインストールされインストーラに進行状態が表示されます。

ダウンロード完了後、ソフトウェアがインストールされます。

インストールの完了

インストールが完了すると、インストーラウィザードの最後になります。

インストールが完了!

インストーラを終了する時、デフォルトで Altium Designer を起動するオプションが有効になっています。ウィザードを終了するために Finish をクリックします。

最初にデザインに適する機能を設定し、コンピュータに Altium Designer をインストールしました。

インストール後の管理

初期インストール後、プラットフォームの次のレビジョンへ更新する方法や、機能を追加と/または削除する方法を含む Altium Designer の管理方法の詳細については、アーティクル Altium Designer インストール後の管理 を参照してください。 

Labels
  • None