Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

標準のパッド属性

Altium Designer の標準のパッドオブジェクトは以下のことが可能です:

  • 丸型、四角形、丸型四角形、八角形の形状に設定。
  • X、Y 方向を異なるサイズで設定。
  • 各レイヤの形状をカスタムに変更。 
  • パッドの中心からオフセットできる丸穴、またはスロット穴を設定。

カスタムパッド形状の作成

上記リストにあるパッドから異なる形状を作成するには、カスタムパッド形状を作成します。カスタムパッド形状は、アーク、フィル、ライン、リジョンのような他のデザインオブジェクトを配置して作成します。接続点を定義するために小さいパッドを含めます。必要に応じて、ドリル位置やサイズを設定します。 

コンポーネントフットプリントの様々なパッド形状。\*

Altium Designer のデザインオブジェクトは、パッド形状を構築するために使用できます。必要な形状に適するオブジェクトを選択します。例えば、下図にあるスイッチの銅箔が接触する部分は、2 つのアークといくつかのトラックオブジェクトから作成しました。 

薄膜スイッチのフットプリント。

カスタム形状の作成方法 

複雑な形状を作成する場合、仮想的にどんな形状も作成できる多角形の Solid Region オブジェクトは理想的です。以下のフットプリントは、ジグザグの銅箔に合うようにグリッドを設定しリジョンオブジェクトを配置しました。そして、capacitive slider フットプリントの銅箔領域を定義するために数回コピーしました。また、接続箇所を定義するために交互にジグザグの端に表面実装やスルーホールパッドを追加しました。 

異形のパッドを作成するために Solid Region オブジェクトを使用。

リジョンを配置するためにガイドを使用

もし、グリッドに無い特定の場所でパッド形状を定義したい場合、リニア、またはポイントガイドを定義してこれらのガイドに配置するのがより効率的です。下の動画は、以下の方法で作成したくさび形のパッドを示します:

  1. Guide Manager ダイアログで 4 つのポイントガイドを定義します。 
  2. Snap to Grid オプションを無効、Snap to Guides オプションを有効にします。
  3. これらのポイントガイドのコーナーに Solid Region を配置します。
  4. 必要な間隔、角度で必要な回数 Solid Region をコピー、ペーストします。動画では、パッドの配置、またはソルダーマスクの定義(Solder Mask レイヤに円を配置します)は紹介されていません。

ポイントガイドを使用して、放射状形状のカスタムパッドを作成する方法を示す動画。

外形をリジョンへ変換

異形のパッド形状を定義する他の方法は、ラインやアークを使用して閉じた外形を最初に定義することです。それから、この外形を Solid Region へ変換します。以下に示す表面実装のインダクタフットプリントのパッドは、この方法を使用して作成しました。 

以下の手順を行います:

  1. パッドの外側の寸法に合うようにグリッドを設定します。
  2. ライン/アークの配置を容易にするために 2 つの垂直ガイドと 2 つの水平ガイドを追加します。 
  3. パッド内部の曲線の半径に合うように放射ステップを設定して polar グリッドを定義します。 
  4. 下の動画で示すようにライン/アークオブジェクトを配置します。 
  5. 始点、終点をスナップする水平ラインと半径を設定するためにヘッドアップディスプレイを使用してアークを配置します。 
  6. アークの終点に合うように水平ラインのサイズを下げます。 
  7. ラインとアークを選択してから、Tools»Convert»Create Region from Selected Primitives コマンドを実行します。 
  8. それをトップレイヤに設定するためにリジョンを編集し、Mask Expansion オプションを有効にします。
  9. 2つ目のパッド形状を定義するためにリジョンをコピー、ペーストします。各パッドの接続点を定義するために各リジョンに小さいパッドを配置します。それから、Component Overlay を追加します。

外形を定義してからリジョンへ変換して作成したカスタムパッドを示す動画。

ソルダーとペーストマスクの定義

カスタムパッドのソルダーとペーストマスクを定義するために 2 つの方法があります。 

  1. Altium Designer で計算されたマスク機能を使用します。
  2. マスクレイヤにオブジェクトを配置して手動でマスクを定義します。 

計算されたマスク

Altium Designer のプリミティブオブジェクトは、ユーザが指定した値を反映、またはルールシステムでコントロールできる計算されたソルダーと/またはペーストマスクを設定できます。これは、下図のようにオブジェクトのダイアログで Mask Expansion 設定を有効にして行います。 

ルール、またはユーザが指定した値を反映するか選択して Mask Expansion を有効にします。

手動で定義したマスク

マスク開口を拡張、収縮しない場合、計算されたマスクを使用できません。この場合、必要なマスクレイヤに適切なデザインオブジェクトを配置します。ソルダーマスクはネガで定義されることを思い出してください。つまり、配置したオブジェクトはソルダーマスクレイヤの開口を定義します。下図は、手動でトップソルダーマスクレイヤに円を配置したソルダーマスク開口のボタンを示します。 

もし、マスク形状がパッド形状の拡張/収縮より大きい場合、オブジェクトを配置してマスクを定義します。

カスタムパッドの配線接続 

Altium Designer はどんな銅箔オブジェクトへの配線接続も検出、解決できるので、カスタムパッドへ配線する方法について特定の制限はありません。 

カスタムパッドのサーマル接続

カスタムパッドで、大きな異形のパッドを作成する時があります。もし、これらのパッドをポリゴンに接続する場合、サーマル接続にするか決める必要があります。Altium Designer では、ポリゴンとの接続点としてカスタムパッドに含まれた小さいパッドを使用します。その小さいパッドをポリゴンと正確に接続するには、小さいパッドの端からカスタム形状の端までの距離がポリゴンが接続される spoke 幅の半分より小さくなるように、カスタム形状の端に小さいパッドを置きます。ポリゴンの接続箇所に小さいパッドを配置します。 

ポリゴンへ接続するために小さいパッドが含まれたカスタムパッド。

承認

* Integrated Controls 社の Dennis Saputelli によるフットプリント。

Labels
  • None