Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Cadence® Allegro® Design ファイルの変換は Altium Designer のインポートウィザードで実行できます。ウィザードでは、変換プロセスの前に柔軟に変換設定をコントロールできます。 

Import Wizard は、Allegro PCB Design files (*.brd) と Allegro ASCII Extract files (*.alg) を扱います。Allegro PCB Editor versions 15.2、または 16 をインストールしてある場合、直接、Allegro PCB Design files (*.brd) を Altium Designer PCB files (*.PcbDoc) へ変換できます。 

Allegro Binary PCB Design files (*.brd) をインポートするには、Allegro のソフトウェアがインストールされている必要があります(バックグランドで ASCII に変換するため)。また、環境変数で、Allegro のソフトウェアの実行ファイルが指定されていない場合、以下の手順で指定する必要があります。

1.Windows の ”コントロールパネル>>システムとセキュリティ>>システム” を選択します。
2.”システムの詳細設定” を選択します。
3.”環境変数” ボタンをクリックします。
4.”システム環境変数” のリストで ”変数” が PATH になっている行を選択し、”編集” をクリックします。
5.Allegro のソフトウェアの実行ファイルが保存されているパスを追加します。
 (例)C:\Cadence\SPB_17.2\tools\bin

 

Allegro ASCII Extract files (*.alg) は、Allegro がインストールされている PC でバッチプロセスを実行して作成できます。Using ASCII Conversion to Import Without Allegro をご覧ください。それから、Cadence Allegro PCB Editor をインストールしていない PC で ASCII ファイルを Altium Designer PCB files (*.PcbDoc) へ変換できます。この利点は、1 ライセンスの Cadence Allegro PCB Editor だけでデザインを Allegro ASCII Extract files (*.alg) へ変換できると言うことです。それから、Altium Designer へ変換するために他のチームメンバーへ配布できます。    

インポートウィザードを使用して Allegro PCB ファイルを変換 

インポートウィザードは Altium Designer の File メニューから実行できます。File Types のリストから Allegro Design Files を選択します。 

インポートウィザードのファイルは以下のように変換します:

  • Allegro Binary PCB Design files (*.brd) は Altium Designer PCB files (*.PcbDoc) へ変換します。 
  • Allegro ASCII Extract Files (*.alg) は Altium Designer PCB files (*.PcbDoc) へ変換します。 

あるいは、Allegro Design Files をProjects Panel へドラッグして自動で Allegro Import モードでウィザードを実行します。 

Allegro PCB ファイルを Altium Designer PCB ファイルへ変換するためにインポートウィザードを使用。 

Allegro Design Files の変換をカスタマイズ、完了するためにインポートウィザードの次のページへ行きます。 

Allegro デザインのインポート

Allegro Design files (*.brd)、または (*.alg) をロードするために Importing Allegro Designs ページの Add ボタンを使用します。Next ボタンをクリックしてウィザードを進めます。 

注意: Cadence Allegro がインストールされていない PC で Allegro Design Files (*.brd) をインポートウィザードへ追加する場合、以下のワーニングが表示されます:

ファイルの分析

Analyzing Files ページでは、各 Allegro ファイルが有効か、変換できるかどうか分析します。 

ファイルの分析が完了するとボタンはアクティブになります。 

レポートオプション

Reporting Options ページでは、エラー、ワーニング、イベントをログするかどうか設定します。

ASCII file format (*.LOG) の Log Report は、変換された Allegro PCB ファイルごとに生成されます。このログは、元の Allegro ファイルの \Imported サブフォルダに保存されます。詳細を確認するには、テキストエディタで Log Report を開きます。 

PCB の特定のオプション

Polygon Connect と Plane Connect Options を指定します。カットアウトとして Allegro PCB エディタで自動で生成される voids をインポートするには、Import Auto-Generated Copper Pour Cutouts オプションを有効にします。デフォルトでは下図のように設定されています。 

現在の PCB レイヤマッピング

インポートウィザードを使用している時、インポートする前に Allegro PCB のレイヤを Altium Designer のレイヤへマップする必要があります。レイヤマッピングは、Allegro PCB のレイヤ名と Altium Designer PCB のレイヤ名のマッピングです。 

Allegro PCB のレイヤを Altium Designer のレイヤへ合わせるために、Menu ボタン、またはポップアップメニューから Layer Mapping オプションを使用。

デフォルトのマッピングは、各 PCB のレイヤマッピングを構築するために設定されています。インポートするデザインのレイヤマッピングはカスタマイズできます。複数の Allegro PCB デザインをインポートして、同じ Allegro のレイヤを同じ Altium Designer のレイヤへマップしたいかもしれません。一度、レイヤマッピングを設定すれば、インポートするファイルへこのレイヤマッピングを使用できます。 

この方法によるインポートの利点は、複数のデザインをインポートする時、バッチレイヤ管理の時間を節約できると言うことです。不利な点は、Default Layer Mapping が  異なる構造のデザインでそれに合わせて反映できない点です。そのため、手動で変更する必要があります。 

Allegro の PCB のレイヤマッピングを Altium Designer の PCB へ反映するには、インポートウィザードの Menu ボタンを使用するか、または Allegro と Altium Designer のレイヤマッピングのリストで右クリックします。Invert Selection メニューは、ウィザードの Layers リストで選択した項目を未選択に、未選択の項目を選択し反転します。これは、Altium Designer のレイヤへマップするために素早くレイヤを選択するための便利な方法です。 

Allegro と Altium Designer のレイヤマッピングを素早く適用するために、Load Layer Mapping と Save Layer Mapping メニューを使用して Load、Save Layer Mapping Configuration ファイルを使用できます。

PCB オプション - 出力プロジェクト構造の確認


インポートした Allegro デザインファイルは、指定した Project Output Directory のサブディレクトリに保存されます。PCB Projects リストで、Allegro デザインのファイル名を他のプロジェクトへドラッグして PCB プロジェクトをカスタマイズできます。 

出力 PCB プロジェクト

Output PCB Projects ページでは、Allegro PCB を Altium Designer PCB document (*.PcbDoc) へ変換します。このプロセスは、ジオメトリデータ(ネットやコンポーネントの変換、ビアやポリゴンの生成)をロードするような集中的なタスクのために時間がかかります。どの操作が行われているかは、Altium Designer のワークスペースの下部にある進捗バーで確認できます。Cancel, Back, Next, Finish ボタンが有効になる(プロセスが完了したことを示す)まで待ってください。 

完了

変換プロセスが成功したらウィザードは完了します。close をクリックしてウィザードを終了し、変換した PCB デザインで作業を開始します。Cleanup は、この変換した PCB ドキュメントを編集する前に実行されます。Altium Designer や PCB デザインの詳細については以降をご覧ください。   

ASCII 変換を使用して Allegro がインストールされていない環境でインポート

Allegro ASCII Extract files (*.alg) は、Allegro のライセンスを持っていない Altium Designer のワークステーションでインポートできます。Allegro ユーザは、以下の方法により Allegro binary *.brd ファイルを Altium で互換性がある *.alg ファイルへ変換できます。その変換は、Allegro のライセンスがある PC で実行する必要があります。

  1. Altium Designer がインストール (Summer 08、またはそれ以降) されている \System フォルダで以下の 2 つのファイルを探します:
    1. Allegro2Altium.bat
    2. AllegroExportViews.txt
  2. その 2 つのファイルを *.brd バイナリ Allegro バージョン 15.2、または16 のファイルがあるフォルダへコピーします。
  3. コマンドプロンプトを開きます。これらのファイルを含むフォルダへ行き、次の内容を入力します: Allegro2Altium your_file.brd
  4. ファイル名にスペースが含まれている場合、ダブルクォートでファイル名を囲みます。例えば、: Allegro2Altium "your file.brd"
  5. ASCII ファイルがそのフォルダに作成されます。*.alg ファイルを Altium Designer のワークステーション( Summer 08 (バージョン 7)、またはそれ以降)へコピーします。そして、インポートウィザードを使用してインポートします。 

詳細

以下は、特定のタスクを通して参照するのと同様に、Altium Designer Documentation Library の概念情報についての詳細が記述されているその他のアーティクルとチュートリアルを参照できます。Help を通してブラウズしたり、F1 やダイアログ内で What's This を使用できることも思い出してください。 

 

 

 

Labels
  • None