Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Altium Designer には 3D レンダリングエンジンが含まれており、回路基板をリアルな 3 次元で表示できます。また、このエンジンはリジッドフレキシブル回路をサポートし、Fold State スライダーを使用してフラット、折りたたんだ状態の、中間にあるリジッドフレキシブル デザインを検証できます。

3D でのリジッドフレキシブル デザインの表示と折りたたみ

3D 表示モードへ切り換えるには、ショートカットキー 3(2D へ戻すには 2 を、または Board Planning Mode へ戻すには 1 を押します)を押します。ボードは 3D で表示されます。実装されたコンポーネントを定義する 3D 外形オブジェクトがコンポーネント フットプリントに含まれている場合、これらも表示されます。下図は、ボードにバッテリとバッテリクリップが含まれている例です。

Bending Line を適用するには、下図でハイライトしているように Fold State スライダー(PCB パネルで Layer Stack Regions モードに設定している時に表示されます)をずらします。折り曲げは、sequence number によって定義した順に適用されることに注意してください。Bending Line は同じ sequence number を共有できます(Fold State スライダーを使用した時、同時に折りたためることを意味します)。また、ボードは View » Fold/Unfold コマンド(ショートカット 5 を押します)を実行して、折りたたむ/展開することができます。

Fold State スライダー(または、Fold/Unfold コマンド)を使用して、sequence value (Fold Index) によって定義した順に Bending Line を適用。

リジッド部分の 1 つで、Board Region ダイアログの 3D Locked チェックボックスを有効にした場合、ボードを折りたたむことができます。折りたたみプロセス中、ボードのどの部分が固定したままである必要があるか Altium Designer 側で認識するために、これが必要です。

リジッドフレキシブル デザインでの 3D Movie Maker

Main article: PCB 3D Video

リジッドフレキシブル デザインを折りたたむ機能は、3D ムービーとしても作成できます。これは非常に容易で、折りたたんでいる時にムービーのキーフレームを使用する必要はありません。

3D ムービーを作成する方法の詳細については、上記の main article を参照してください。基本的な手順は以下になります:

  1. PCB エディタを 3D モードへ切り換えます。
  2. PCB 3D Movie Editor パネルを表示し、パネルの上部で新しい Movie Title を作成し名称を設定します。
  3. 折りたたんでいない状態のボードを表示して、最初の Key Frame を作成します。
  4. 折りたたんだ状態のリジッドフレキシブル デザインを表示するには、Fold State スライダーを動かします。それから、必要に応じて、折りたたんだボードを任意の場所に移動します。
  5. 2 番目の Key Frame を作成し、時間を設定します。リジッドフレキシブル デザインを折りたたむ時間をどれぐらいにするか決めます(Duration 設定)。通常、これは数秒です。
  6. Play ボタン を押して、折りたたむプロセスの動画が正しく作成されたか確認します。
  7. ムービーファイルを生成するには、出力ジョブ ファイルで PCB 3D Video Documentation Output を追加します。Video settings ダイアログで動画フォーマット オプションを設定します。
  8. 出力ジョブ ファイルの Generate Content リンクをクリックし、ムービーファイルを作成します。

以下の動画は、このプロセスを使用して作成しました。上記の 2 つのキーフレームに、最終的な位置として数秒のキーフレームを 1 つ追加しました。

3 つのキーフレームから作成した簡単な 3D ムービー。折りたたみは、Bending Line Sequence 値で定義します。

 

 

Labels
  • None