Altium Wiki

Information and resources for electronic product designers

Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Altium Designer では、エンベデッド ボードアレイ機能を使用して、PCB の面付け作業が可能です。この機能により、同じ、または別の基板を容易に面付けできます。また、面付けのソース基板は、エンベデッドアレイとリンクしているので、ソース基板で変更した内容は、すぐに面付けに反映されます。面付けファイルを作成するには、新規 PCBファイルを開き、Embedded Board Array を配置します。


ソース PCB を表、裏面で配置したエンベデッド ボードアレイ。

面付けの改善

簡易化したエンベデッド ボードアレイの間隔設定

  • エンベデッド ボードアレイの間隔設定を改善し、容易に配列を定義できます。基板の左下から左下までの間隔設定以外に、基板間の間隔設定を追加しました。


面付けプロセスを容易にした間隔設定。

カーソル位置で面付けを移動

  • エンベデッド ボードアレイをドラッグ移動する時、カーソル位置で移動できます。

レイヤ構成の適合性を確認

  • エンベデッド ボードアレイを配置する時、レイヤ構成に矛盾があれば警告メッセージが表示されます。
  • また、Embedded Board Array ダイアログでも、子と親デザインのレイヤ構成に矛盾が無いかメッセージが表示されます。


レイヤ構成の適合性は、面付けファイルを配置する時にチェックされ、ダイアログに表示されます。

自動でレイヤ構成を更新

レイヤ構成の適合性をチェックするだけでなく、その問題を解決することも可能です。

自動レイヤ構成の同期プロセスでは、以下が行われます:

  • 親基板(エンベデッドボードアレイの PCB ファイル)のレイヤ構成を、子基板と同じにします。
  • 同期プロセスで親基板のレイヤ構成を変更します。子基板は、変更されません。
  • 親基板へレイヤを追加、または親基板のレイヤタイプを変更します。レイヤは削除されません。

カットアウトからツールパスを作成

  • Create Primitives From Board Shape コマンドの Route Tool Outline オプションを使用した時、Include Cutouts オプション(board cutout の端に沿って外形を形成するツールパスのシミュレーションを行います)を選択できます。

面付けの更新

正しい選択表示

  • エンベデッド ボードアレイの子デザインで選択したオブジェクトは、親デザインの表示に影響を及ぼしません。

正確な 3D 表示

  • エンベデッド ボードを 3D で表示している時、いくつかのトラックが間違ったレイヤ上に表示されていました。これを修正しました。
  • エンベデッド ボードを 3D で表示している時、3D 外形が反転していました。これを修正しました。

正しい原点

  • エンベデッドボードアレイを配置する時、Link Location to Embedded Board Origin オプションは正しく働きます。

正しい出力生成

  • エンベデッド ボードアレイの PCB ファイルを STEP フォーマットでエクスポートする時、空の PCB がエクスポートされる問題を修正しました。
  • A BOM report for a panelized PCB now outputs an error message to the BOM file.
  • SMD パッドが含まれていて反転したエンベデッド ボードアレイの PCB ファイルから ODB++ データを出力しても、正しく生成されます。
  • Stroke フォントの複数行のストリングがあるエンベデッドボードアレイの子デザインからガーバーデータを出力しても、正しく生成されます。

 

Labels
  • None